日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中  栃木県の死骸は、70匹以上に・・・・繁殖業者か?

<<   作成日時 : 2014/11/08 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初の情報では、

悪質なペット葬儀業者が不法投棄した可能性と言われて来ましたが、

調査が進むと、繁殖業者の犯行の様な話ですね。

それならば、マイクロチップ装着犬等居ないでしょうね??

【死骸の犬達は、去勢・予防接種されず…

同一人物がほぼ同時期に?】

しかし、70頭近い犬達が、居なくなれば、

何処の繁殖業者か?

特定出来ると思いますが・・・・・・・・・・・・・・・

その為の、動物取扱業の制度だと思いますが・・・・・・・・・

まぁ、時間の問題で、捕まるでしょう!!

早く捕まる事を、祈りたいと思います。





小型犬死骸遺棄 
去勢・予防接種されず…同一人物がほぼ同時期に?




宇都宮市と那珂川町で発見された計70匹以上の犬の死骸。

いずれもチワワやトイプードルなど小型の人気犬種で、

複数の犬から数回出産した形跡が見つかった。

死骸の状態から劣悪な環境で飼育されていた様子もうかがえ、

関係者は「悪質なブリーダー(繁殖業者)が

関与しているのではないか」との見方を強めている。

犬の死骸は10月31日と今月1日に

宇都宮市の鬼怒川河川敷で44匹、

今月5日に那珂川町富山の山中で27匹が見つかった。

那珂川町では5匹が生存しており、保護された。

県警などによると、宇都宮市で見つかった死骸は、

歯石の付着状況から5〜10歳とみられ、

雄と雌がほぼ半分ずつ。

ほとんどが純血種で去勢や避妊手術はされておらず、

乳房の状態から多くの雌に

複数の出産経験があるとみられる。

死後4、5日経過しているとみられる死骸もあった。

専門家は「ケージに入れられて、

まともな世話をされていなかったのではないか」とみる。

蚊が媒介するフィラリア症の感染が確認された犬が

いたことについては「ワクチン接種で防げる病気。

最低限の義務も果たしていない」と指摘する。


日本動物福祉協会栃木支部の川崎亜希子支部長は

「若い犬は一度に4、5匹の子供を産むが、

高齢になると1、2匹しか産まない。

悪質な繁殖業者が不要になった犬を

捨てたのではないか」との見方を示す。

動物愛護法改正で保健所などが

正当な理由がなく持ち込まれた犬の引き取りを拒否できるようになった。

「毎年、数十匹を持ち込んでいた業者が来なくなったという話を聞く。

それまで保健所に持って行った犬を

捨てているということも考えられる」と指摘する。

2つの現場は約15キロ離れているが、

国道293号で結ばれている。

いずれも人があまり訪れる場所ではなく、

県警幹部は「土地勘のある人間ではないか」とし、

同じ人物がほぼ同時期に捨てた可能性もあるとみている。







画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中  栃木県の死骸は、70匹以上に・・・・繁殖業者か? 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる