日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中  今年の夏に行きたかった所です!!

<<   作成日時 : 2014/09/21 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


今日は、予想外の快晴となり、久々に、青い空を見ました。

本来、今日が、

連合会訓練100km茨城県日立港より放鳩予定でしたが、

天候が悪くなる予報でしたので、変更になり、

明日が、持ち寄日になり、明後日が、放鳩日に成りました。

大きい高気圧が有りますので、大きく崩れる事も無いでしょう。

台風16号ですが、この先、何処で東よりに進路を変えるかですが・・・・・・・

この状況だと、温帯低気圧化すると思います。

日本海側に出ると思うのですが、

偏西風があるので、南西方向に押されそうですので、

早く温帯低気圧になり、勢力が落ちて欲しいですね。

いよいよ、これからが、台風シーズンの様です。

今後、ぼこぼこと発生しそうです。

早く寒くなれば、勢力の衰えも早いのですが・・・・・・・・・・・・・

明日の持ち寄り日は、

今回は、朝のみ、舎外をして、

今回は、早めの餌にして、夕方まで落ち着かせて、

持ち寄ります!!

楽しみですが、予定の選手期待の星が、

今日、猛禽類に遣られました。

その他、2羽が猛禽類に追われて、怪我をしました。

2羽共に、足をぶつけて、びっこです。

少ない中で、また、リタイアが増えました・・・・・・・・・・・・・・・・・

全く、酷い状況です。










国内や世界各地の深海生物を展示する

「沼津港深海水族館」が2011年12月10日、

静岡県沼津市にオープン

古代魚「シーラカンス」は5体常設するとのこと。

このうち2体は冷凍個体で、

これは「世界でも類を見ない希少なシーラカンス」だそうです。

日本初の深海魚水族館が沼津 [ 水族館が静岡県沼津市千本港町]

ライトアップされたシーラカンスに会いに行きたい!!


水圧の高い深海に生息している生き物たち。

地球上とはまったく異なる環境で

脈々とその生命を維持している深海生物たちこそ、

地球外生命体の謎を解く上で重要な鍵を握っているに違いない?

と個人的には信じているわけだが ・・・・・・・・・・・・・・


この水族館は、水深2500メートルという

日本一深い湾である駿河湾に生息する深海生物を一堂に集め、

普段あまり触れる機会のない

「深海」にスポットを当てた画期的な水族館。

「生きた化石」とも呼ばれるシーラカンスの貴重な剥製3体と

冷凍標本2体が、ライトアップされ、

冷凍保存されつつ展示されているのだそうだ。







日本にも沖縄に美ら海水族館という、

世界でも有数の巨大な水槽を持つ水族館があるが、

美ら海水水族館に居る

現生最大の魚ジンベイザメを見にも行きたいのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんは、ジンベイサメを知ってても、

ジンベイザメが、魚である事を知ってる人は少ないと思います。

魚なのですよ!!



ジンベエザメ(甚平鮫、英: Whale shark、 学名: Rhincodon typus)は、

テンジクザメ目ジンベエザメ科に属する唯一のサメ。

ジンベイザメとも。

サメとして軟骨魚類として現生最大であり、

そして、現生最大の魚として知られている。



美ら海水水族館










「沼津港深海水族館」




「沼津港深海水族館」




癒され特集です!!優雅に泳ぐ魚類の後は、日本テリアで癒されて下さい!!
画像



死んでませんよ!!寝てるんです!!
遊び疲れると、良くお皿の中で寝てました!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中  今年の夏に行きたかった所です!! 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる