日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 いよいよ、毎日が猛禽類との戦いです!!

<<   作成日時 : 2014/06/14 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

長雨が続きましたが、やっと、昨日より、

天候が安定しましたが、長雨の影響なのか?

昨日は、猛禽類の襲撃が、4回有りました。

3羽も遣られました!!

3羽目は、近くに降りたので、走って行くと

ハヤブサが、鳩を放し、鳩もまだ、元気で飛んで逃げましたが、

また、ハヤブサに捕まり、また、走って降りた場所の近くに行きましたが、

一面、田んぼと草むらで、場所の特定が出来ず・・・・・・・・

探し回り、小羽根が、3枚程度を発見

近くだと思い、水路が有るので、回って、羽根の場所に行くと、

近くにハヤブサが居ました。

近ずくと、放して逃げましたが、ばたつく鳩を捕まえまして、

遣られた場所を見ると、心臓の近くでしたので、

その時点で、もう、無理だと察しましたが、

連れて帰り、ゲージに入れてても、目を閉じて、

とても、痛そうで・・・・・・・・・・・

この状態を見ると、早く楽にする方が良いのか?

何時も、迷うのですが・・・・・・・・・

私は、ダメと解っても、鳩に任せるのですが・・・・・・・・・・

朝、起きてゲージを見ると、やはり、死んで居ましたが、

難しい問題ですが、

自然に、任せるしかありません。

極僅かな確率であっても、私が命を消す事が良いとは思いません。

とても、難しい問題ですが・・・・・・・・・・・・・・

今日も、来た見たいですが、

鳩舎を掃除してましたので、

今日も、遣られたか?

鳩が多いので、解りませんが、

当分、この様な状況が続くでしょう。

憎き猛禽類ですが・・・・・・・・・・・・・・・・



【備忘録:吉田調書】

「もはや東電では制御不能なんだと」

by・細野+着工1週間で暗礁…専門家も危惧する原発

「凍土壁」の重大欠陥。

で、どうしょうもないね。


>
「もはや東電では制御不能なんだと」 細野証言の詳報
http://www.asahi.com/articles/ASG6165LTG61UEHF008.html


東京電力福島第一原発の事故に首相補佐官として対処し、

吉田昌郎(まさお)所長との連絡役を務めた細野豪志氏が

朝日新聞のインタビューに応じた。

細野氏は事故から3年が経過し「記憶の限界に来ている。

そろそろ話さなければいけない」と考えていた矢先に

「吉田調書」報道が出て、証言を決心したという。

細野氏との一問一答は次の通り。(肩書は原則当時)

■「チャイナシンドローム」発言

――これが『吉田調書』です。

《『吉田調書』を読む》

細野「結局、うまくいかないんですね」

――はい。

細野「『完全に露出している』という自覚はあったんだ……」

――夕方ぐらいから、

状況としては緊迫さが顕在化してくるという感じです。

細野「いや、この、我々が自覚してたのは、

建屋が吹き飛ぶのは極めて深刻なんだけれども、

そのことによって燃料が完全に露出するわけではないので、

チェルノブイリ級という話にはならないと。

ただ、本当に損傷してしまうと、

チャイナシンドロームを含めてそうなんですけど、

現場で作業が続けられなくなるのではないかということを恐れていた。

もちろんその、福島の人たちのことというのはあったが、

それを防ぐためにも現場でがんばってもらわなければいけないので、

その環境を維持できるのかぎりぎりの場面であるという自覚はあった。

やっぱり、これを読んでいると、吉田所長も同じことを懸念している」

(建屋=ここでは原子炉を覆うコンクリート製の建物、

チェルノブイリ=旧ソ連で1986年に起きた原発事故、

チャイナシンドローム=原発事故を主題にした米映画の題名)

――細野さんは、吉田さんが最初の電話で

「チャイナシンドローム」という言葉を使ったという記憶はありますか。

細野「私の電話には、なかったと思うんですよ。

『ミニマムにして』と、このことを確かに言ってたかも知れない。

わきに出て電話したんですよね。たぶんね。

そんな感じもしました。そんな雰囲気も伝わってきました」

(ミニマムにして=ここでは作業員の数を最少にして)

――電話の向こうもざわざわしていたんですね。

細野「ざわざわしてたんですけど、

でも想像していたようではなく、

わりと落ち着いてはしゃべっておられたんで。

うん……。でもこれは私、武藤さんと、

いや武藤さんはこのとき本店だ、

武黒さんじゃないですもんね」

(武藤=武藤栄・東電原子力担当副社長、武黒=武黒一郎・東電フェロー)

――武藤さんは吉田さんからの電話を受ける時間はないです。

細野「それは映像をみてないと分かんないですね。

ポンプが動き出したのが?」

――19時54分です。

細野「このあとすぐに動き出したか、

動き出すという兆候があったか、

もしくは燃料がガス欠だと分かって、

すぐにかけてきたんじゃないかと思います。

こんな後じゃないと思う。

その前後で外している中で、

ガス欠だと分かってすぐかけてきたと思う」

(ガス欠=消防車が燃料切れとなりポンプが働かなくなった)

――理由がわかったのですね。

細野「だからそこで『水が入る』って、

吉田さんは確信したのかもしれない。

だから本当に短い時間だったんですよ」

――吉田さんは調書で「東日本壊滅」という言葉も使っています。

細野「うん、これはですから、あとで、

近藤委員長に頼んだシミュレーションもこういう話」

(近藤=近藤駿介・原子力委員会委員長)

――ガス欠だと分かったのが午後6時28分。

そのあと、かけられたんですね。

細野「そう、そうですね、

そうかもしれませんね。『怒り狂って』……」






日本テリア



日本テリア体重測定



長女   昨日 529g 本日550g


次女   昨日 432g 本日451g

順調に育って居ます!!







画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 いよいよ、毎日が猛禽類との戦いです!! 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる