日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 福島健康調査で、甲状線がん「確定」の子供50人  

<<   作成日時 : 2014/05/20 23:59   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

原発事故から、3年が過ぎて、子供達に大きな被害が出始めた。

原発事故で、誰も責任を取る者が居ない中で、

罪もない、小さな子供達が、日々、被曝して居るのが現実

昨日もお伝えしましたが、依然として収束どころか、

海洋汚染も拡大している。

安倍晋三は、完全にブロックして居ると断言したが・・・・・・・・・・・・・

この現実を見て、政府の早急な対応が待たれるが・・・・・・・・・・・


高濃度の汚染水も、もう、パンク状態!!

汚染濃度の低い汚染水と言ってるが・・・・・・・・・・・・・

汚染前の地下水を海に放出してるはずだが・・・・・・・・

現実には、全然違ってる事が証明されたのですが、

政府や東電、安倍晋三は、恍けるだけだが、

海洋汚染が広がってる事実をどの様に説明するのか?

除染等、まやかしに過ぎないのだ!!

今後も、子供達の甲状腺癌が、拡大して行く事実

人間が、住めない所に住んでる以上、

甲状腺癌になるリスクが、高過ぎるが、

子供達による選択等有り得ないのだから

決断が出来る両親であって欲しいと願うばかりだが・・・・・・・・・・・・・・・・・




甲状腺がん診断、「確定」の子供50人 福島健康調査



東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている

福島県の「県民健康調査」の検討委員会が19日、福島市で開かれた。

実施主体の福島県立医大が、

甲状腺がんと診断が「確定」した子供は前回(2月)の33人から17人増え50人に、

「がんの疑い」は39人(前回は41人)になったと報告した。

検討委の星北斗座長は、チェルノブイリ原発事故では、

事故から4〜5年後に子供の甲状腺がんが増加したというデータを基に

「現時点では放射線の影響は考えにくい」と、

これまでの見解を繰り返した。

県立医大によると、確定した50人は全員手術を受け、通常の生活をしているという。

甲状腺検査は、震災発生当時18歳以下の約37万人が対象。

今年3月までに1巡目の検査が終わり、4月からは2巡目の検査に入った。

1巡目に比べがんが増えるかを比較して、放射線の影響を調べる。







画像






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 福島健康調査で、甲状線がん「確定」の子供50人   日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる