日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 今年も、いよいよ、始まる春のクラシックG1戦線

<<   作成日時 : 2014/04/06 12:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、15時過ぎから、雷が凄くて、

外では、雹が降ってます。

外は、一面が薄らと白く成ってる程に降ってます。

私は、弾がなくなり、鳩レースは中止しましたが、

本当は、昨日、北海道からの鳩レース の放鳩日でしたが、

北海道、東北地方が、一部雪で、昨日、本日も日延べしました。

明日は、北海道から、東北も天気が良い予報です。

福島県だけが、曇り、又は、雪の様ですが・・・・・・・・

海岸線を帰還すれば、良い天気の様ですが、

700k、800kのレースですので、

高帰還に期待したいです。

先週も、茨城八郷国際鳩舎で、

オリエンタルカップ700kが開催されましたが、

帰還率が、なんと、1%と難レースとなり、

神奈川県でも、700kレースの開催があり、やはり、1%の難レース

神奈川の連合会では、当日1羽だったようですし・・・・・・・

明日のレースが、高帰還レースと成って欲しいですね。

私の連合会には、クラウン賞【全国最優秀鳩舎】の

日本一のレースマン黒田鳩舎が居ますので、

今年も、全国1位に期待したいですね。

12年が、全国1位で、13年が全国3位と2年連続のベスト3です。

600kは、1羽も参加せずに、今回の700kと800kに

勝負を掛けてますので、楽しみにしています。

明日は、大丈夫でしょう!!

頑張れ!!黒田鳩舎!!



次は、犬ではなくて、馬の話です。(笑)

今年も、いよいよ、春のクラシックレースが

スタートしますが、今年は、話題の多い馬が多く楽しみ

ある情報すじから、ドバイで、G1レコード勝ちした

ジャスタウェイ陣営は安田記念から宝塚記念に

向かうローテーションを組んでいる事が解った。

前回の情報から、既にお伝えした、

ドバイシーマクラシックG1を、優勝したジェンティルドンナ

ジェンティル陣営は、既に宝塚記念G1を使う予定で、

今年の宝塚記念は、現段階から凄いメンバーと成りそうです。

現時点ではあるが、キズナ、エピファネイア、メイショウマンボの3頭に加え

ドバイシーマクラシックを優勝したジェンティルドンナ、

阪神大賞典で本来の姿を取り戻したゴールドシップ、

さらに日経賞を完勝したウインバリアシオンも

参戦してくるであろう事は間違いなさそう。

宝塚記念後は、キズナ、メイショウマンボは凱旋門賞に

参戦するプランがあり、世界各国から引く手数多のジャスタウェイも

海外遠征を視野に入れてくるであろうと思うが・・・・・・・・・・・

私は、ジェンティルが、凱旋門賞に行って欲しいが、

参加枠の問題も有るので、陣営は、

昨年、史上初となる、2連覇を達成しましたが、

やはり、史上初と成るジャパンカップ3連覇を狙うだろうか・・・・・・・・

賞金的にも、ジャパンカップの方が魅力だが・・・・・・・・・


海外遠征は競走馬にとって大きなリスクを伴うだけに、

上記のような豪華メンバーが一同に集結するのは

今年最初で最後となる可能性は大

今後、6頭がケガ無く走って、春のグランプリの宝塚記念で

一同に集結出来れば、春を締めくくるビックレースに成りそうです。

何処からでも、入れる馬券も、ワクワクしますし、

既に、プロ馬券師は、引退した私ですが、

G1レースぐらいは、以前の様に勝負は出来ませんが、

御遊び程度に、ビックレースを楽しみたいと思います。

もう、4月ですから、いよいよ、3週目より、

牝馬の祭典桜花賞G1からスタートします。

4月13日 桜花賞G1、 20日 皐月賞G1、

5月4日 天皇賞G1、 11日 NHKマイルカップG1、

18日 ビクトリアマイルG1、 25日 オークスG1、

6月1日 日本ダービーG1、 8日 安田記念G1、

春最後のグランプリ、29日 宝塚記念C1と続きます。

これから、春のG1レースが9回行われる。







問題がやまずみの原子力問題ですが、

そのやまずみの原発を輸出しようとしてる安倍晋三

今後の日本の行方が、不透明で恐ろしく感じます。

もんじゆも、莫大なお金をつぎ込み【1兆円】

いまだに、まともに、動いた事が無いし、

まだ、見きれない理由がある。

今日も、小出先生が詳しく解説してくれてます。


【揺れる高速増殖炉もんじゅの行方について】
第64回「小出裕章ジャーナル」



また、原発の問題で、不透明な話が浮上して来ました。

この様に、企業と政治家【国家】の癒着がある為に、

何時の時代も、政治家と企業の癒着が消えないのでしょう。

震災復興の為の予算も、別の目的で、多額な金額が、

不正に使われてますが、これも、政治家がらみの事で、

一般には、公表されない事だらけです。

本当に、酷い国家と成って仕舞いました。

独走する、安倍政権を、国民が止めるしかありません。

東電も、倒産させず、莫大な税金を導入し、

使い方は、委託、委託のヒ孫会社

その中間の会社は、甘い汁を吸うだけ!!

その中間会社は、政治家の親族経営会社等・・・・・・・・・・・・・

昔から、今も変わらない!!

復興とは名ばかりで、その予算に群がる汚い連中だらけ、

みんなの党の渡辺喜美代表が、おじょうぎわの悪いのも、

政治と企業とのお金の癒着の魅力なのだろうか・・・・・・・・・・・・

下記の様な内容が、許されて良いのでしょうか?



<原発事業化調査>震災後、2度増額8.5億円…原電救済?


原発輸出に伴いベトナムやトルコで実施されてきた、

総額約40億円の現地調査が、電力各社の出資する

原発専業会社「日本原子力発電」に集中的に発注されていた。

同社の保有する原発3基の再稼働が見通せず苦しい経営が続く中、

識者は「国による日本原電救済ではないか」と指摘する。

一部の契約については、非政府組織(NGO)との交渉の場で明らかにせず、

契約から約1年たってやっと公表した。

癒着とも言える不透明な構造が浮かんでいる。

【トルコの原発建設予定地】地質調査の入札資格は原電のみ


ベトナムの原発計画は2009年、大きく動き出した。

同7月にベトナム政府内で原発の発電規模などの審議が終了、

同11月の国会で建設が正式に決まった。

経済産業省資源エネルギー庁は同8月、

温室効果ガスの排出削減を海外で事業展開する企業を支援する名目で

「低炭素発電産業国際展開調査事業補助金」(19億9900万円)を創設し、

受給を希望する事業者に提案書の提出を求めた。

毎日新聞が情報公開で入手した文書によると応募は2社。

このうち、日本原電がベトナムの調査を、

別の企業(企業名は黒塗り)が米国などでの「送電線老朽化対策」を提案し、

エネ庁職員による内部審査だけで

同10月、日本原電への補助金支給が決まった。

ベトナム側の計画の遅れで調査は11年に始まり、

費用不足から、エネ庁は東日本大震災翌年の12年1月、

日本原電と5億円の随意契約を結び、同庁ホームページで公表した。

社民党の福島瑞穂参院議員や環境NGOのメンバーらは

13年8月、東京・永田町の参議院議員会館に、

エネ庁原子力政策課員を呼び海外調査について質問。

福島議員が公表資料に基づきベトナムの調査費用が

当初の19億9900万円から「なぜプラス5億円になったのか」と尋ねると、

同課員は「新たな追加調査が発生したための費用」

とだけ回答し、詳細な説明はなかった。

しかし、エネ庁はその8カ月前の12年12月、

追加費用として日本原電に随意契約で3億5000万円を支払っていた。

エネ庁は内規で100万円超の契約は

「翌日から72日以内に公表する」と定めていたが、内規に反し非公表だった。

別の情報公開で得た文書に記載があったことから、

記者が昨年10月、同課に指摘すると「ミスで公表していなかった。

意図的に隠したのではない」と釈明し、

現在はホームページ上で公開している。

ただ調査の詳細については公表しておらず、

総額28億4900万円に見合う事業かどうか、

外部からの検証は不可能だ。

福島議員は取材に対し「ミスだという説明は信じられない。

多額の費用が不透明に支払われていることを

隠蔽(いんぺい)したかったのではないか。エネ庁に説明を求める」と話した。

「原発は不良債権である」などの著書で知られる

慶応大の金子勝教授(財政学)は「日本原電は約3年間売電量ゼロで、

実質的に破綻している。

海外での調査を日本原電だけに任せているのは、

国による救済に見える。

今回のように契約が公開されていないと、

国会は事業の監視ができない」と批判した。



画像






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 今年も、いよいよ、始まる春のクラシックG1戦線 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる