日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中  福島第一原発の事故の影響は、日々、続いてる!!

<<   作成日時 : 2014/03/24 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

マスコミも、政府も、沈静化させる為に、

真実を語らないが、現実は、昨日もお伝えした通りで、

杜撰な管理で、一部の企業が、書類だけで大儲けしてる。

ヒ孫請け企業が、安い賃金で、

労働者は、働かされ被曝しながら作業をしてる。

単純なミスや、正確な引き継ぎも行われないでの作業

相次ぐ事故も、これでは、未然にくい止める事等出来ない。

元々、原子力自体に、無理があるのだ!!

本日も、短いですので、是非、聴いて下さい。






情報が公開されない理由と
公表出来ない理由は、現在も変っていない。
政府の強い圧力が・・・・・・・・・・








<福島原発>
「原子炉建屋流入前」地下水の海への放出を容認






いよいよ、汚染水が、海に放出される事に・・・・・・・・・・・・・・

時間の問題だと、理解してましたが、

もう、パンクしてるのですから、当然と言えば当然ですが、

汚染されてない水と言うならば、

毎日、監視する企業が必要だと思いますが・・・・・・・



><福島原発>「原子炉建屋流入前」地下水の海への放出を容認


福島第1原発の地下水バイパスの仕組み


◇相馬双葉漁協が東電と国に対する要望書順守を条件に

東京電力福島第1原発の汚染水対策で、

原子炉建屋に流れ込む前の汚染されていない

地下水をくみ上げ海に放出する「地下水バイパス」計画について、

地元の福島県北部の相馬双葉漁協は24日、

条件付きで容認する方針を決めた。

既に条件付き容認の方針を決めているいわき市漁協と合わせ、

県漁連の総意として25日に東電と国に

安全対策などを求める要望書を提出する。

東電と国は要望を尊重する見通しで、

県漁連の同計画受け入れは確実になった。

地下水の海洋放出を認めるのは初めて。



【福島第1原発の現状 汚染水、収束遠く/廃炉へ、課題山積(その1)】


第1原発では、1日当たり400トンの地下水が原子炉建屋に流れ込んでいる。

計画は、流れ込む手前に設置した12本の井戸から地下水をくみ上げ、

放射性物質が目標値以下だと確認して海に放出する。

流入量は最大1日100トン減らせる。

経済産業省は2月、地下水1リットル当たり

▽放射性セシウム1ベクレル

▽ストロンチウム90など5ベクレル

▽トリチウム1500ベクレル−−など、

法令基準の約2割に厳格化した運用方針を示している。

相双漁協はこの日、管内7支所の支所長会議を開き、

全会一致で受け入れ方針を決定。

要望書は▽地下水の排出運用目標を明確にし、

厳重に順守する

▽風評被害等の魚価低迷により起こりうる損害を賠償する

▽国は、風評被害などに漁業・水産業者の立場で解決にあたる−−など。

佐藤弘行組合長は「計画を認めなければ、

(汚染水がたまった)タンクが敷地内にいっぱいになる事態も予想される。

見て見ぬふりはできない。苦渋の決断だ。

要望は最低限の条件。確約を求める」と話した。



画像






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中  福島第一原発の事故の影響は、日々、続いてる!! 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる