日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 これが現状、汚染水は海に垂れ流し、政府は知らん顔

<<   作成日時 : 2014/03/23 23:52   >>

驚いた ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

久々の連休でしたが、天気には恵まれましたが、

寒気の影響で、まだ、まだ、寒い日が続いてます。

だいぶ、草の芽も、日に日に、伸びて来て

春めいて来てますが、足踏み状態ですかねぇ

でも、やっと、春めいて来ていますので嬉しいです。

やっと、これからの季節、此処は、

最高の場所に成りますので、

今年も、沢山満喫したいと思っています。


今日は、久々に、原発問題です。

相変わらず、酷い状況が続いてます。

本来、政府は、国民を護る義務があるのですが、

安倍内閣には、全く関係無いようです。

自分の身は、自分で護るしかありません。




福島第一原発近くで、和牛を飼育している

吉沢さんですが、牛を見捨てられず、

現在も、外部被曝、内部被曝をしながら、出荷も出来ない牛と暮らしてる。

これまで、行政から、依頼された学者や、調査チーム等が、

2回来て、徹底的に調査された。

行政の最後の決断は、生かしているとまずいので、

命令が行政【政府】から出た!!

その内容は、殺処分しろとの命令だった。

生き物を簡単に殺す事が、行政命令なら許されるのか?

かたや、動物愛護法等で、厳しく法律で取締り、罰金や処罰もあるのだが、

しかし、行政に強制力は、無いにしろ、行政【政府】が、

個人の財産に対して、殺処分命令とは、許しがたい発言だと思う!!

今後、証拠として、検証される事を恐れての処分命令なのだろうが・・・・・・・・・・・・

この様な事は、絶対に報道されないし、隠蔽され、表には出て来ないが・・・・・・・・・・・・

本当の現地の福島県の声が、全く届かない現状です。

吉沢さんのインタビューの一部記載します。


畜産農家吉沢正巳さん
牧場には350頭の牛がいる
視界には原発も見える
閉鎖区域の端だ
かつて畜産は繁盛していた
しかし2011年3月の原子炉爆発で、すべては終わった
牛はもう売れない
そのワケは…
「こういうところの草を食べてるから」
「放射能汚染した草を一年中食べている」
「そのせいで 皮膚に白斑が出るのだと思います」
「牛は外部被曝と内部被曝の両方をしてるんです」
「犬だって被曝してます」
吉沢さんは生き物を見捨てられず、外からエサを入手して与えている
-寄付金も寄せられるが牛には足りない…
牛たちを調査すれば、放射能の影響が突き止められる
すでに影響は確認できると、吉沢さんは信じている
「こんな風な…こういう斑点です」
「昔はなかったのですか?」
「40年牛を飼ってますが、こういうのは初めてです」
「原因は何でしょう?」
「獣医も皮膚病ではないと言いました」
「皮膚病ではないのに、こういう白斑が出るんです」
「どうしてなのか、私にはわかりません」
「昔から牛を飼ってますが…」
「こんなことは初めてです」
「放射能の影響を考慮せずには、原因は突き止められません」
近所の農家の家畜にも同じナゾの現象が現われている
行政から検査チームが派遣された
その結果 緊急指示が出た
「政府は 二度検査を行ないました」
「科学者がたくさん来て何もかも調べました」
「その結果 殺処分せよという指示が出たんです」
「生かしておくと困ることになるから、だから殺処分しろと」
「でも私は殺しません」
「政府が牛が生きていると困るのは、証拠が残るからだと思います」
「だから牛を処分しろと」
しかし汚染しているのは、牛だけではない






安倍首相が世界に言った言葉だが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島第一原発は、全くコントロールもされていないし、

毎日、高濃度汚染水は、地下水や、側溝から、海に流出してるのです。

汚染水タンク等、もう、とっくにパンク状態

今でも、毎日、400トンの水が注入され冷却されてるのが現状で、

その殆どが、流出してるのです。

高濃度汚染水の大半は、地下水や側溝から、海に流出してるのだ。





最初のビデオは、本当に、良く取材されてると感心しましたが、

アクセス数が、少ない事に驚きです。

少しでも、多くの方に、現在の福島を知って欲しいです。

政府【行政】の圧力により、マスコミや、真実を伝えるべきNHKでさえ、

安倍晋三の傘下となり、真実を伝えるべき所がない。


元々、NHKは、中立、公平な放送をすつのが、努め。

NHKは政権の意向に左右されやすい側面が指摘されてきた。

予算が国会で承認され、

会長の任免権を握る経営委員も国会の同意を経て任命されるためだ。

経営委員12人のうち、昨年11月に同意を得た5人には

首相の再登板を支援した3人が含まれる。



安倍政権は、NHKも、東京都知事も、自民党傘下にしてる。

猪瀬知事を、引きずり下ろしたのも自民党だ。

「NHKは独裁国家の国営放送でなく民主主義国家の公共放送。

編集権は政府から独立している」と話します。

公共放送は、

「営利を目的とせず、国営放送とは異なり国家による管理や統制から

自立した放送で、政府からの独立性や政治的な中立性を確保するため

受信料、寄付などで運営されるのだ。

日本の放送法はNHKの番組編集は何人からも干渉されないと定めている。

NHKの海外向けの国際放送は

国が要請した内容を放送するための交付金が割り当てられている」。

一方の民放各社は企業からのスポンサー収入で成り立っています。

しかし、放送内容の権限は、

NHKの番組の編集権は会長にあります。

だから、

首相の靖国神社参拝、

特定秘密保護法など議論がある問題について政府寄りの発言を繰り返した。

NHK経営委員会で籾井氏は

「個人的な見解を発言したことは不適切だったと反省している」と述べた。

経営委の委員長は籾井氏の発言が

「(政治的中立を疑われる)危険がある」と報道陣に語り、

国民なら、誰でも、そう、思って当然でしょう。

しかし、

安倍首相は衆院本会議で

「新会長はじめNHKの職員にはいかなる政治的な圧力にも屈することなく、

中立、公平な放送を続けてほしいと願う」と答弁した。

笑わせる答弁だった。

その為に、

「現場が萎縮して自主規制する可能性」が指摘される。

自民党、安倍政権寄りの放送では、公共放送の意味がない!!

まして、国民から受信料を取りながら、真実を伝えないのならば、

これならば、国家【政府】の強い管理下で行う放送と同じ

NHKも、北朝鮮TV同様に国営放送と改めよ。

この様な放送が続くならば、

民放放送で十分だと、私は思いますが・・・・・・・・・・・・・・





以前もお伝えしましたが、原子力基本法により、

万が一、事故が発生しても、責任を取る所がないのだ!!

何故なら、危険で、また、事故が必ず、再発する事は、

何処の企業だって、早やかれ、遅かれ、思ってる事だ。

事故は、必ず、また、起きると確信してるのだ。

それは、誰でも解る事!!

何処の企業だって、事故が起きれば、即倒産する原子力開発等

何処の企業だって、100%遣らないし、遣りたくないのだ!!

政府は、核を持ちたいが為に、各企業に責任は、取らないで良いから、

各企業に原子力開発を続けさせてるだけなのだ。

これまでも、お伝えして来た事ですが、

原子力発電は、核兵器を持つ為の手段であり、

原子力開発を続ける為には、

東電を絶対に潰せないのだ。





このビデオは、30分程度ですが、実に、中身が有るし、
真実を伝えてると思います。
海外取材の為、全文日本語にて
確認出来ます。
http://linkis.com/blog.fc2.com/vm7D2





下記記事の様な内容は、これまでも、お伝えして来ましたが、

この様な魚が、平然と流通してる事事態が、信じられません。

当然、因果関係が、証明できないのですから、

いまだに、原発事故での死亡者が0人なのでしょうね。

自分の身は、自分で護るしかないのです。

政府は、何人死んでも、

原発事故が原因とは、絶対に言わないのです。


公開日: 2014/02/08

2014-02-08
茨城県で販売されている茨城県産の水産物を
調査して欲しいという要望のメールと昨年、­
『食べて応援』をしていた弟が急性骨髄性白血病で逝去したという
仙台市在住の男性から­宮城県産の水産物を調査して欲しいという
電話を戴いていたので、今回は
宮城県産、茨城、県産、アメリカ産の水産物を調査しているところをレポート。

特に宮城県産は提供された情報通りの結果を得たので次回は現地へ突撃取材に行く予定で­す。




相変わらず、事故続きの福島第一原発だが、

何処のTV局も、大きく取り上げる事はない。

しかし、暴走する安倍首相は、また、問題発言しそうだ!!


安倍首相は、今、3.11の福島原発事故の教訓に対し、

何の反省も無く事が運ばれるのは何としておかしい。

米国オバマ大統領が、

日本と韓国の間を取り持って3国首脳会議を行う手はずになったハーグで、

安倍首相は日本の核燃料サイクルの考えを表明するようである。

原発再稼働を進めることは既に国会で述べているが、

核燃料サイクルを推進するということは世間的には知られていない。

それが、第三回核安全保障サミットで、

原発の再稼働を前提に、使用済み核燃料から取り出した

核物質プルトニウムを再利用する

「核燃料サイクル」の推進を表明することが分かった。

首相 了承なく「推進」 核燃サイクル 与党協議の中
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014032190070907.html

核燃料サイクルを「推進する」と明記した政府の

エネルギー基本計画案に対しては、

与党内で反対論が根強く、まだ閣議決定がされていない。

政府・与党の意思決定前に、

世界に向けて日本が将来も原発を維持する方針を発信することになる。

ただ、大量のプルトニウムを消費するのに

何年かかるかの見通しは立っていない。

再利用を名目に長年にわたって原発を動かし続けることになりかねない。

核燃料サイクルに関しては、

取り出したプルトニウムを利用するはずだった

高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)はトラブル続きでほとんど動いていない。

通常の原発で使用済み核燃料のプルトニウムを使う

プルサーマル発電も、

通常の核燃料に比べて二倍の

高レベル放射性廃棄物が発生するなど問題が多い。

核燃料サイクルと言えば、上記の記事にあるように「もんじゅ」を用いる。

もんじゅを継続することは、

燃料である「原発」を将来も続けることを意味している。

この「もんじゅ」の研究開発の事業費(予算)は、

9,830億円(昭和55年度〜平成25年度)。

未だかつて、目的通り動いたことはない。

一度も無いのだ!!

冷却材料として、金属ナトリュウムを用いる

水と反応して大爆発をする代物である。

平成7年12月8日には、ナトリウム漏洩事故が発生し、大事になった。

もう外国では、この核燃料サイクルは破綻している。

民主党政権下では、もんじゅは廃止すると決まっていたが、

安倍首相の代になって、

また動く当てがない代物を復活させ、国民の税金をドブに捨てるつもり

もう一度、本当に日本のことを考えた政権に変えるしかない。

このままでは、本当に、危険な安倍晋三なのだ!!



福島の汚染水処理設備ALPS、運転再開の見通し立たず
http://www.asahi.com/articles/ASG3M5GQPG3MULBJ00K.html?iref=comtop_6_01

東京電力は19日、福島第一原発で出る汚染水を処理する

多核種除去設備ALPS(アルプス)の

運転再開の見通しが立っていないことを明らかにした。

故障の原因を調査中で、その間処理が止まり、

汚染水を高濃度な状態のままタンクにためる。

また、汚染水を処理した水をためていたタンクに、

故障が原因で汚染水が流れ込んでいたことがわかった。

最大で約1万5千トンの処理水が汚染された。



タンク21基に汚染水流入か=浄化装置異常問題−福島第1
http://jp.wsj.com/article/JJ10847551922853084604817502125972959181036.html


東京電力福島第1原発の汚染水から放射性物質を減らす装置

「ALPS(アルプス)」の1系統が正常に機能しなかった問題で、

東電は19日、処理水を保管するタンク21基に汚染水が

流入した可能性があると発表した。

今後、汚染状況について詳しく調査する予定。

18日にタンク1基から採取した水からは

ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が

1リットル当たり560万ベクレル検出された。







画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ募集中 これが現状、汚染水は海に垂れ流し、政府は知らん顔 日本テリア JKC千葉東日本テリアクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる